活動状況

 

新着順に掲載しています。

 

北方領土ゼミナール

北方領土返還運動の原点の地である根室市で、全国の大学生・大学院生が一同に会し、納沙布岬からの北方領土視察及びグループワークなどを行うゼミナールに、県内の大学生が参加しました。

 

n  事業の概要

(1)事業実施者 (独)北方領土問題対策協会

(2)実施期間   令和元年(2019年)9月3日(火)〜9月6日(金)

(3)開催場所   北海道北方四島交流センター(根室市)ほか

(4)内  容   元島民の講和、北方領土の視察(納沙布岬)、グループワークなど

(5)当県からの参加者 長野大学の大学生3名

*  ゼミナール参加の状況は、参加者の藤本稜さんの報告書(※)をご覧ください。

※ 藤本さんには、北方領土返還要求長野県民大会(R2.2.3松本市)で、参加者を代表して、ゼミナール参加のご報告を頂く予定でしたが、学業の都合で困難となりましたので、代わりにホームページでの報告書掲載とさせていただきます。

 

-----------------------------------------------------------------------

 

北方四島交流・教育関係者訪問事業

当県民会議関係者が、国後島を訪問し、現地在住のロシア人との交流などを行いました。

 

n  事業の概要

(1)事業実施者 (独)北方領土問題対策協会

(2) 訪問期間  令和元年(2019年)97 日(土)〜910日(火)

(3) 訪問島   国後島(4日間)

(4) 参加者   北方領土返還要求長野県民会議(北方領土問題教育者会議)

須坂市立墨坂中学校 教諭 玉井 広観 氏 

*  事業参加の状況は こちら(報告書)をご覧ください。 

 

-----------------------------------------------------------------------

北方四島交流・一般訪問事業

当県民会議関係者が、国後島・色丹島を訪問し、現地在住のロシア人との交流などを行いました。

 

n  事業の概要

(1)事業実施者 (独)北方領土問題対策協会

(2) 訪問期間  令和元年(2019年)8月15 日(木)〜8月19日(月)

(3) 訪問島   国後島(3日間)、色丹島(1日)

(4) 参加者   (独)北方領土問題対策協会・長野県推進委員 藤森 靖夫 氏 

*  事業参加の状況は こちら(報告書)をご覧ください。

 

-----------------------------------------------------------------------

令和元年度 北方領土返還要求長野県民会議 通常総会

1 日 時

令和元年6月18 日(火) 午前10 30 分から12 時まで

2 場 所

ホテル国際21 1階「藤」(長野市県町576 Tel026-234-1111

3 内 容

(1) 平成30 年度事業報告及び決算について

(2) 令和元年度事業計画案及び予算案について

(3) 活動報告

「北⽅領⼟学習における学校現場の実態と授業の様⼦」

栄村⽴栄⼩学校 下 育郎 校⻑

 

-----------------------------------------------------------------------

39回北方領土返還要求長野県民大会

北方領土問題に対する県民の皆さんの理解を深めるとともに、北方領土の早期返還実現を求める県民の強い決意を表すため、「第39 回北方領土返還要求長野県民大会」を開催しました。

 

*  案内チラシは こちらをご覧ください。 

 

1 日 時  平成31年2月12 日(火曜日) 午後1時30 分から4時まで

2 場 所  ホテル国際21 3階「千歳」(長野市県町576 Tel026-234-1111

3 内 容

◇鈴木会長あいさつ

◇ 大会決意宣言

(日本青年会議所長野

ブロック協議会

野村会長)

◇ 表彰

 「平成30 年度北方領土問題に関する標語コンクール」優秀作品の表彰

◇ 活動報告

 「平成30 年度北方領土問題青少年・教育指導者現地研修会」報告

*発表者

長野市立東部中学校教諭 北村 聡 氏

◇ 記念講演

「重大局面に入った北方領土問題」

*講師:

拓殖大学海外事情研究所 教授 名越 健郎 氏

4 参加者  274

5 主催等

◇ 主 催 北方領土返還要求長野県民会議

◇ 協 力 長野県

◇ 後 援 内閣府北方対策本部、外務省、独立行政法人北方領土問題対策協会

 

--------------------------------------------------------------------

「平成30年度標語コンクール」入賞作品

北方領土返還要求長野県民会議が実施した長野県内の小学校、中学校及び高等学校の児童生徒を対象とした「北方領土問題に関する標語コンクール」に、22校から1,045作品の応募があり、審査の結果、入賞作品が決まりました。

1 最優秀賞

「ぼくたちで 四島(しま)にかけよう 平和な橋を」 荒木恒平さん (諏訪市立四賀小学校6年)

2 優秀賞

「声届け 日ロの架け橋 四島(しま)返還」 松崎新大さん(駒ケ根市立東中学校1年)

「四島(しま)返還 日ロの平和 紡ぎだす」 五十嵐咲季さん(駒ケ根市立東中学校1年)

「夢と希望 つなごう未来へ 四島(しま)返還」 藤井千晴さん(駒ケ根市立東中学校2年)

3入選

「四島(しま)返還 みんなの願いが 風にのる」松澤直澄さん(長野市立西条小学校6年)

「北方領土 笑顔でかいけつ 輝く四島(しま)へ」 丸山星花里さん(長野市立真島小学校6年)

「四島(しま)返還 七十年の 時越えて」 山嵜真央さん (須坂市立墨坂中学校3年)

「四島(しま)返還 ぼくらの思い 届け今」 原佳美さん (須坂市立墨坂中学校3年)

「とりもどそう みんなの思いと 四島の未来」 弓田智基さん (須坂市立墨坂中学校2年)

4学校賞

須坂市立日野小学校、長野市立真島小学校、阿智村立阿智中学校

上田市長和町中学校組合立依田窪南部中学校、長野市立篠ノ井西中学校

標語コンクールの概要

○趣旨

青少年が北方領土問題を身近な問題として認識し、北方領土返還に対する機運の醸成を図るため、北方領土問題に関する標語を募集し、優秀な作品を表彰する。

○主催

北方領土返還要求長野県民会議(長野県を含む県内32団体で構成)

○後援

長野県、長野県教育委員会

○応募資格

長野県内の小学校、中学校及び高等学校の児童・生徒

○応募期間

平成30年7月20日(金)〜9月10日(月)(当日消印有効)

○その他

最優秀賞、優秀賞及び学校賞の受賞者は、北方領土返還要求長野県民大会(本年212日(火曜日)長野市で開催)で表彰します。
 また、入賞作品は啓発物品に掲載するなど、県民への北方領土問題の啓発に活用します。

§過去の最優秀作品§

 

○平成29年度(応募数 1,196作品)

ぼくたちが 動けば変わる 四島(しま)の未来

羽生 大起(はにう だいき)さん  筑北村立聖南中学校 2年

 

○平成28年度(応募数 1,152作品)

四島(しま)返還 願いの種が 芽吹く時

清水 陽太(しみず ようた)さん 須坂市墨坂中学校 3年

 

○平成27年度(応募数1,460作品)

四島(しま)返還 未来を変える 私たち 

内山 弘貴(うちやま こうき) さん   長野市立古牧小学校 6年

 

平成26年度(応募数1,242作品

四島(しま)返還 故郷(こきょう)に「ただいま」 言えるまで

徳竹 琴美(とくたけ ことみ)さん   長野市立古牧小学校 6年

 

 

---------------------------------------------------------------

38回北方領土返還要求長野県民大会の開催状況

1 日 時 平成30年2月13日(火) 午後1時30分〜午後4時

2 場 所 辰野町民会館

3 参加者数 295

4 内 容

◇ 大会決意宣言

◇ 表彰「平成29年度北方領土問題に関する標語コンクール」優秀作品の表彰

◇ 活動報告「北方四島交流訪問事業」

◇ 記念講演「ロシア大統領選から読む領土問題」

講師 ジャーナリスト 小林和男氏

5 主催等

◇ 主 催:北方領土返還要求長野県民会議   ◇ 協 力:長野県

◇ 後 援:内閣府北方対策本部、外務省、独立行政法人北方領土問題対策協会

 

 

---------------------------------------------------------------

その他の啓発

○北方領土返還運動全国強調月間の2月及び8月に、県庁東庁舎に懸垂幕を掲出し啓発を行っています。
      

 

トップページへ戻る

ページトップへ