活動状況

新着順に掲載しています。

北方領土返還要求長野県民大会
〜 四島(しま)返還 未来を変える 私たち 〜

 北方領土問題を解決してロシアとの平和条約を締結し、日ロ間に真の友好関係を築くことは、 私たちの願いです。
 この願いの実現に向け、政府は粘り強い外交交渉を続けていますが、これを支えるためには県民の皆さん一人 ひとりが北方領土問題に対する関心と理解を更 に深め、 北方領土返還要求運動を一層盛り上げていかなくては  なりません。
 そこで、県民の皆さんが一体となって北方領土の早期返還を力強く進めるため、「北方領土返還要求長野県民大会」を下記のとおり開催いた しました。
 多くの皆様のご参加をいただきありがとうございました。

 

北方領土 地図

日時 平成28年(2016年)2月12日(金) 午後1時30分から4時まで
場所  長野市 ホテル国際21

大 会 次 第
1  開  会
2  主催者あいさつ
3  来賓あいさつ
4  大会決意宣言
5  表 彰      北方領土領土問題に関する標語コンクール 最優秀賞・優秀作品の表彰
6  体験発表    「戦後70年北方領土問題を考える集い」参加報告
    「戦後70年北方領土問題を考える集い」参加大学生
記念講演 演 題 「北方領土問題と日ロ交渉」
    講 師 NHK放送センター解説委員室
        解説主幹 石川 一洋 氏
8  閉  会

『第36回北方領土返還要求長野県民大会』 

      

       


主 催:北方領土返還要求長野県民会議  協 力:長野県
後 援:内閣府北方対策本部 外務省 独立行政法人 北方領土問題対策協会
問い合わせ先 北方領土返還要求長野県民会議事務局 電話026−235−7173
《北方領土返還要求長野県民会議 構成団体》
長野県自由経済研究会、(一社)長野県経営者協会、長野県中小企業団体中央会、(一社)長野県商工会議所連合会、長野県商工会連合会、(一社)長野県建設業協会、日本労働組合総連合会長野県連合会、自由民主党長野県支部連合会、民主党長野県総支部連合会、長野県民社協会、公明党長野県本部、長野県市長会、長野県町村会、 (一社)長野県連合婦人会、(公社)日本青年会議所長野ブロック協議会、高嶺交友会、(社福)長野県社会福祉協議会、長野県農業協同組合中央会、長野県森林組合連合会、(一社)長野県医師会、(一社)長野県歯科医師会、(公社)長野県柔道整復師会、長野県印刷工業組合、(一財)長野県遺族会、長野県郷友会、長野県土地改良事業団体連合会、(公財)長野県長寿社会開発センター、日本共産党長野県委員会、社会民主党長野県連合、長野県市議会議長会、長野県町村議会議長会、長野県議会、長野県(順不同)


北方領土返還要求長野県民会議の活動 =平成26〜27年度=

(1)平成27年12月                        
  北方領土問題に関する標語の入賞作品が決まりました。                                                                                                                
  ○対 象   長野県内の小学校、中学校及び高等学校の児童・生徒                            
  ○応募期間 平成27年7月21日(火)〜9月1日(火)                                                    
    ○応募数   1,460作品
  ○入賞作品
   ・最優秀賞  四島(しま)返還 未来を変える 私たち
                                                                内山 弘貴(うちやま こうき)   長野市立古牧小学校 6年
   ・優秀賞   美しい 四つの島を 取りもどし みんなの笑みも 取りもどす
                                           山崎 結(やまざき ゆい)   長野市立古牧小学校 5年
             世代越え 心に願うは 四島返還
                                           小山 颯雅(こやま そうが)  須坂市立墨坂中学校 2年
            四島の 未来(あす)を変えるは 僕 私
                                           塚田 貴之(つかだ たかゆき) 阿智村立阿智中学校 3年
   ・入 選   四島(しま)想う 日本の心 伝えたい
                                            児玉 爽依加(こだま そよか)   長野市立浅川小学校 6年
            四島(しま)返還 故郷のみんなが 帰るまで
                                         白石 思奈(しらいし ことな)  長野市立浅川小学校 6年
            四島(しま)返還 今こそ 僕らが 立ちあがる
                                            赤塩 瑛生(あかしお てるき)    長野市立若穂中学校 3年
            友好で 平和を築く 四島(しま)返還
                                            小坂 倭士(こさか やまと)    須坂市立墨坂中学校 1年
            受け継ごう 未来の日本(にほん)へ 四島(よんとう)を
                                            今岡 宏司(いまおか こうじ) 長野県飯田高等学校 1年

                             (敬称略  各賞別に小中高順・標語の五十音順)

 
(2)平成26年12月                        
  北方領土問題に関する標語の入賞作品が決まりました。                                                                                                                
  ○対 象   長野県内の小学校、中学校及び高等学校の児童・生徒                            
  ○応募期間 平成26年7月21日(月)〜9月1日(月)                                                    
    ○応募数   1,242作品
  ○入賞作品
   ・最優秀賞  四島(しま)返還 故郷(こきょう)に「ただいま」 言えるまで
                                                                徳竹 琴美(とくたけ ことみ)   長野市立古牧小学校 6年
   ・優秀賞   僕達が 四島(しま)返還の かけ橋に
                                           草田  岳(くさだ がく)     長野市立東部中学校 3年
            両国の 思いを学び 平和に解決 北方領土
                                           大谷 虹太(おおたに こうた)  須坂市立墨坂中学校 1年
            願うのは 二国(にこく)の絆と 四島(しま)返還
                                           桃井 飛菜(ももい ひな) 長野県軽井沢高等学校 3年
   ・入 選   過去を知り 伝える願いは 四島(しま)返還
                                            山崎 伶弥(やまざき れいや)    東御市立祢津小学校 6年
            ぼくらが守る 四島(しま)の記おく 四島(しま)の未来
                                           小林 敬(こばやし けい)  松本市立島立小学校 6年
            四島(よんとう)の 希望をつなぐ わたしたち
                                           関口 響仁(せきぐち ひびき)     長野市立古牧小学校 6年
            考えよう 日本の未来 四島(しま)の未来
                                          中根 美桜(なかね みお)    長野市立東部中学校 3年
            さあ学ぼう 四島(しま)返還のために できること
                                          日詰 貴洋(ひづめ たかひろ)  長野市立信更中学校 3年

                             (敬称略  各賞別に小中高順・標語の五十音順)


(3)平成27年9月
  北方四島が法的根拠なく占拠されてから70年という節目にあたり、これからの地域の担い手となる全国の大学生や元島民等が返還要求運動の原点の地である根室市に一堂に会し「ゼミナール」や「集い」が開催されました。長野県からは信州大学の学生2名が参加しました。


            『戦後70年北方領土問題を考える集い』 

      


(4)平成27年2月・8月

  北方領土返還運動全国強調月間の2月及び8月に、県庁東庁舎に懸垂幕を掲出し、県民に対して啓発を行いました。